「Ameba」がアドベリフィケーションツール「Blackswan」と連携

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、運営するサービス「Ameba」の広告において、Momentum株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高頭博志)の提供するアドベリフィケーションツール「BlackSwan」と連携し、広告配信に伴うブランド価値毀損を回避する機能を追加いたしました。

昨今の生活者のデジタルシフトに伴い、ブランド広告主企業によるインターネット広告の活用が進む一方、広告主のブランドイメージの低下につながるような公序良俗に反する恐れのあるサイトや不適切なコンテンツへの広告配信が問題視されるとともにブランド広告主企業のブランドセーフティへの関心が高まっています。

「Ameba」は、これまでもシステムによる不適切投稿の防止や24時間365日有人監視体制でのコンテンツ監視など健全なメディア運営を行うとともに、広告の配信においては、独自ロジックによるフラウド(*)の排除や特定のカテゴリーに属する記事面への配信機能提供など行っておりましたが、この度広告主のブランド保護強化を目的に「BlackSwan」と連携いたしました。
この度の取り組みにより、モメンタム社のサイト解析エンジンを用いて広告掲載枠をURL単位で解析し、ブランド価値毀損につながるようなページへの広告配信を防ぐことが可能になります。

当社では今後も、ブランド価値に対する取組みをより一層強化し、ブランド広告主企業のプロモーション支援や広告効果の向上に努めてまいります。

■「BlackSwan(ブラックスワン)」について
BlackSwanではアダルトサイトなどの公序良俗に反するサイトへの掲載除外にとどまらず、ニュース記事、ブログ記事のコンテンツについて自然言語処理・機械学習を用いたアルゴリズムにより解析し、広告主にとってネガティブなコンテンツへの掲載除外を行うことが出来、ブランド毀損に繋がる全ての広告配信を防ぐことが可能です。

(*)BOTなどの機械による不正アクセスによって広告の表示回数・クリック数が計上されてしまうこと